Linuxのデータサーバーにハードディスクを追加

最終更新日

Linuxのデータサーバーにハードディスクを追加

 

前回構築したLinuxサーバーに使用しているハードディスクが1個余っているのでスペアディスクを2個に追加しました。

RAIDにはハードウェアRAIDを使用しているので現在のRAIDに追加するのも簡単にできます。

CentOS Linuxでデータサーバー構築

こちらが古河市の保守契約をしているお客様用に制作した貸出し用サーバーです。

こちらにハードディスクを追加を行ったので合計で4個のハードディスクを搭載しました。

OSにはLinuxのCentOS6.3 x64をインストールしデータサーバー構築にはSAMBAを使用、cupsでプリンタサーバー設定も行っています。

GIGABIT LANを搭載しているのでデータのコピー等も快適です。CPUには余っていたCPU PhenomⅡ 1100T/3.3Ghz x6 Six Core CPUを使用しています。

FX-4300 Quad Core CPUでもかなり快適なのでもう一台はFX-4300で制作しました。

LinuxなのでソフトウェアRAIDでも十分対応できるので予算を少ない場合はソフトウェアRAIDでもいいでしょう。

FX-4300で制作したデータサーバーはソフトウェアRAIDにて使用しています。

Linuxにてデータサーバー構築等お気軽にお問い合わせください。

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

パソコン修理・パソコントラブル

PCファクトリー
〒306-0404
茨城県猿島郡境町長井戸243-5
電話番号:0280-86-7772
FAX番号:0280-86-7786
お問い合わせ
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆