RAW現像に必要なパソコンスペック

最終更新日

RAW現像に必要なパソコンスペック

一眼レフカメラで撮影したデータをRAW状態からPhotoShopにてRAW現像テストしてみました。
今回テストしたパソコンは当社にて制作し使用しております。スペックはちょっと豪華なスペックです!(ここまでハイスペックなパソコンは必要ないと思いますが、、、)

————————————————————————-

RAW現像テストパソコン環境

CPU:AMD FX-8150 8コア(完全ノーマル状態)
メモリー:DDR3/16GB
ハードディスク:SSD 128GB x2 RAID0 読み込み速度650Mb
ハードディスク:SATA3/1TB x2 RAID0
マザーボード:ASUS M5A99X EVO
グラフィックカード:ATI HD 6970 2GB
DVDドライブ:BDドライブ
電源ユニット:1000W電源ユニット
OS:Windows7 Professional 64bit SP1 OEM
RAW現像ソフト:Adobe Photoshop CS6 x64

————————————————————————-

RAWファイルをPhotoshop CS6 x64で開くだけでもCPUの使用率が上がりますが、上記スペックパソコンだと画像ファイルが一瞬で開きます。
RAW現像を開始すると一瞬CPU使用率は上がりますが一瞬で現像ができています。下記画像のように8コアのCPUが使用されている事がわかります。
また、グラフィックカードの使用率はほとんど上がりませんがグラフィックカードは搭載した方が良いでしょう。また、ハードディスクのシステムドライブにSSDを使用しているので処理がさらに高速化しています。現像処理にはCPUの使用率が上がるためCPUファンは冷えるタイプのものをお勧めします。今回は水冷ファンを使用しました。
ここまでのパソコンスペックだとRAW現像以外にDTPパソコン(Illustrator CS6 x64)などにも快適です。Illustrator CS6 x64になってからメモリー16GBをフル活用でき、今まで以上の処理差が体感できます。RAW現像パソコン、DTPパソコン(Illustrator CS6 x64)をご購入予定なら是非お問合せください。ご希望なパソコンのお見積りを致します。

raw現像パソコン・DTPパソコン

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
DTPパソコン・BTOパソコン
PCファクトリー
〒306-0404
茨城県猿島郡境町長井戸243-5
電話番号:0280-86-7772
FAX番号:0280-86-7786
お問い合わせ
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ ★☆